KORG nanoPAD2を買って、フィーリングとコスパとを考えてみた。

 2回連続でDTMネタでも。

 前回はiRig Keys 25をバンドルソフト欲しさにお買い上げしたが、今回のターゲットはKORG Legacy Collection Special Bundle。以前から欲しいなぁと思っていたが、中々きっかけが無かったというか、何だかコスパがイマイチな気がしていたというか。

 ♯KLC自体いい加減古臭いというか放置されている感は無くもないが、ディスコンになっていないということは必要になれば最低限のメンテはする筈で、そういう意味ではまぁ問題ないかと。

 ところが、そのKLCに一週間限定の半額キャンペーンが。素のKORG Legacy Collection Special Bundleを買っても¥10Kなのだが、またしても「ハードもソフトもやっているメーカー」の御多分に漏れず、各種フィジコンコンに付属しているM1Leからのアップグレードだと¥5K。つまり¥5K以下のフィジコンなら合計しても単品ソフト買うより安くなる。

 ということで、買ってしまったのがKORG nanoPAD2。これまた以前から気にはなっていたものの、ぶっちゃけ買った後ソレどれだけ使うんだよという理由でずっとスルーしていたという。
 なので、取り敢えず簡単に感想でも。

 ♯一昔前(2015年10月辺り)迄は多くのKORG製フィジコンにKLCのフル版が付属していたので、例えば¥6KでKLCと25鍵ミニキーが手に入ったのに、という野暮な突っ込みは却下。逆に言うとソレを逃して悶々としていたのでついうっかり、というのは正直あると思われ。

 ◇

 いやぁ・・・これは何というか、自分とフィーリングがイマイチ合っていないというか。
 パッド自体が多少硬いことは店頭で触ったりして認識していたが、そこそこ強く叩かないとそもそもトリガーが入らないってのは・・・。

 確かに「少し叩く」位ならこれ良いのかも知れないが、調子に乗ってぽこぽこやっていると指に結構ダメージ来るよねコレ。しかも、調子に乗ってリアルタイムで打ち込もうとすると取りこぼしが出ること出ること。
 まぁこの辺りは個人の好みの幅もあって、自分なんぞピアノ鍵盤をしばらく弾いているだけで音ヌケに近い状況を発生させてしまうヘタレ(シンセ鍵盤万歳、出来れば軽めの重り入りで)だということもあるだろうが、まさかここまで自分と相性が悪いとは。

 ちなみにこの感度の悪さというか強く叩かないと反応しないことに不満を持つのは自分だけではないようで、この問題に対処する為に、パッド部品(シリコンゴム製?)とセンサーシートの間に布テープ等の厚みのあるものを挟む、ということをやっている例がある模様。
 これもやり方というか程度を間違えると今度は誤動作の嵐になってしまうらしいのだが、上手くいけば「軽く叩けばトリガー自体は入る」という結構いい感じになるらしい。

 おっと、触れ忘れていたが、XYパッドは確かに面白いわコレ。タッチセンス入っていれば完璧だったのだが、さすがにこの値段でそれは無理か。
 でもちゃんとMIDIパラメータ割り当ててスリスリすると音がギュイギュイ変わってくれまっせ。

 あと、この価格でこれだけのパッドが付いているというのはコスパは高い・・・かね。
 使用目的とフィーリングとの両方が合えば最強な気がするが、自分的には後者のフィーリングってのが・・・う゛~ん。

 ◇

 まぁそういう訳でフィジコンとしては何というか・・・という感じで終わってしまったのだが、当初からの目的であるソフトシンセの方はというと、勿論速攻で登録してカード決済、アップグレードしましたよ。

 ・・・いやぁいいわコレ。特にWAVESTATIONのいい意味でデジタル臭いこの音、この音がイイのよ。M1もたまらんわぁ・・・オッサン臭いと言われようが、こういう音が心の響くのよ、文句あっか。

 ♯ちなみにM1は音源自体はM1Leと違わず、違うのはプリセット数とエフェクトの種類&幅。

 という訳で欲しかったVSTは無事手に入れてゴキゲンなものの(注:この時点ではMS-20もPolysixもMono/Polyも未だ鳴らしていない)、nanoPAD2の方はどうしようかと・・・やっぱり改造かね?

Share

IK Multimedia iRig Keys 25を買ってみて、3オクターブの大事さを知った。

 さて、物凄く久しぶりにDTMっぽい話でも。
 先日からやっていたIK Multimediaの強烈な期間限定キャンペーン、簡単に言ってしまえば最安で¥8K(小売最安価格帯)からのミニキーボード(鍵盤の方ね)を買うと¥55K(定価)程度の音源ソフト、SampleTank3フル版を付けちゃうよ、というシロモノに、飛びついてしまった人間がここにも一人居たワケですよ。
 つか、いくら会社設立20周年キャンペーンだからって太っ腹にも程がある。

 ・・・ということで、全く予定していなかったのだが、シンプルな2オクターブのミニ鍵盤キーボードが手に入ってしまったので、軽く感想でも。

 ◇

 まず予め言っておくと、ぶっちゃけハードウェア単品の魅力というか商品力というか、そのレベルの話を始めるとKORGやALESIS、M-AUDIO、AKAI Professional等のライバルに正直太刀打ち出来ません、はい。モノが劣る訳ではないが単純に価格が高い。
 逆に、普段からバンドルされているSampleTank3 SEというソフト代込みだと考えると、これはこれでかなりアリではないかと。確かにタイトル数だけ見れば多数のバンドルソフトが付いている製品もあるが、内容を見ればもう全く問題ない。

 ♯という風に昔からSampleTankが好きだった自分は思うのだが、世間一般の人にはどう思われてるのかねぇ。

 という前提を置いておいて、実際にハードウェアを触ってみると。
 正直言ってしまうと「思っていたよりはしっかりしてる」。激安何とかトーン並のぺらぺら感を想定していたら、それよりはだいぶマシだった。
 何より、この小ささとキーの軽さでタッチセンスがそこそこ綺麗に入ったのが驚き。まぁこのタッチセンスの感度やらセンスカーブやらというのは個々人の演奏スタイルというかフィーリングに激しく依存するので、他の人からすればキモチワルくてツカエナイ、かも知れないが、自分的にはコレはもう十分にアリ。

 ・・・が、ここでタイトルに戻るんですな。
 実際触ってみたところ意外と弾けてしまったので、そうなると今度は2オクターブという音域がキツくてキツくて。せめてもう1オクターブ欲しい・・・とふと思ったら、世間で売られているミニシンセ、大体3オクターブはキーが付いているということ。
 そっか・・・そういうことか・・・小さくても「弾ける」の限界は3オクターブだったんだ、と身をもって実感してしまったワケですよ。

 ♯最近の機械でもKORG Minilogue、microKORG XL+、YAMAHA Refaceシリーズ、Roland JD-XI、Novation MININOVA、古いトコではKORG PROPHECY、MS-20、ARP ODYSSEY、その他色々。

 ん~これだったらもう少しカネ払って37鍵版のiRig Key 37買っておけば良かった。
 ブツ自体がアレということでは無いが、買うもの間違えたかも。

 ◇
 
 ちなみにキャンペーンで手に入れたSampleTank3のフル版は・・・さすがSampleTank、マルチティンバー音源だというのに生音系が中々いい感じですよ。楽器の種類のメジャー所は揃っているし、専門ソフトに比べれば少ないとはいえ奏法違いのバリエーションも入っている。まぁこれでも足りなければMiroslav Philharmonik 2を買えということよね。

 一方でこれまたさすが前評判通りだったというか何というか、エレクトリック&シンセ系の音は正直え゛~っと。どうしてこうなった。
 まぁこの辺りがST3の変わったところというか。一般的になマルチティンバー音源は音色数稼ぎが出来ることと音源自体がショボくてもまぁそこそこ聴ける音になることとで、シンセ系の音を充実させてくることが多いのだけど、ST3はそのテの音数稼ぎはやっていなんですな。

 まぁ兎に角、実質的に¥8Kで買えてしまったと考えたら超の付くお買い得品、フツーに買っても中々悪くない一品ではないかと。
 ・・・って、今回はキャンペーンでタダだったが、普段でもIK Muitimedia製のMIDIコントローラ買って、バンドル版のSEからフル版にアップグレードした方がフル版パッケージをいきなり買うより総額が低かったりするのよね。このテの話はソフトもハードもやってる会社ではあるあるだけど、IK Mutimediaも御多分に漏れず、と。
 しかもさっきWeb見たら期間台数限定だった筈のiRig Keys PRO+SampleTank 3フル版のバンドルパッケージが未だ残っているし。コレST3単品で買うよりかなり安い上に37フルサイズ鍵盤が付いて来るという一品で、特に告知も無く商品リストの隅っこにしれっと載っている辺り何だかなぁと。

 ♯ちなみにIK Muitimediaの製品はパッケージ版がほぼ価格固定なのに対してDL版は為替の影響で日本円にした時の金額が結構振れると、割と頻繁にDL版のセールをやっているので、欲しいと思ったら頻繁な価格チェックは必須です、はい。

Share

当方がガラケーを持った理由、そしてそれが続いている理由。

 少し前の話だが、MM総研が国内携帯電話の出荷台数レポートを公表しており、このご時世にガラケーの出荷量が前年比で増加という話が。
 一方、新ガラケーというか偽ガラケーというか、Androidベースのガラケーをauに続いてDoCoMoも夏モデルでいよいよ発表し、従来型のLinuxやSymbianガラケーが消滅に向けていよいよカウントダウン開始のようで。

 ♯Softbankはガラケー完全否定した舌の根も乾かぬうちに新機種発表とか相変わらず意味不明なので放っとく。
  というかあの会社に絡むと基本的に不幸になるので。

 とまぁこの辺りをネタにして、今回は2台持ちになった当方が「ガラケー」を持っている感想とかをつらつらと書いてみますよ。

 ◇

 まず、当方が実際に「ガラケー」を持ち始めた結果、スマホとの「2台持ち」は正直全く苦になっていないどころか、逆に「最初っから一緒にしなくて良かったんでない」というぐらい実にしっくり馴染んでいる、いうことは大前提でして。

 じゃあそこまでしっくり馴染んでいるのは何故かと言われると、感覚の話だがこんなところかと。

 ・なんだかんだで2つ折は電話としては使い易い

  物理ボタンは押し易いし。
  耳元にスピーカーは欲しいし、口元にマイクは欲しいし。
  顔がデカくて指が太い自分としてはこれは切実なんですよ。

 ・小さくて軽くてしかも防水

  スマホと比べて持った感覚が圧倒的に軽い。
  つまり、長時間話になっても手が疲れにくい。

 ・電池長持ちで充電タイミングが気にならない

  スマホの電池は1日持たないが(モバイルバッテリ大活躍)、
  ガラケーの方は5日程度は全く問題ない。
  つまり平日は鞄に入れっぱなしでも困らない、これは楽。

 ・通話しながらのスケジュール確認やメモ入力が楽

  スマホにbluetoothのヘッドセットを付けても同じではあるが。
  ガラケーで話しながらスマホを操作する、そんな風景。

 ・ぶっちゃけ端末代も維持費も安い

  当方の新古品の白ROMガラケー端末はたった¥12K。
  長い話は原則着信、自発信は基本短い。
  更にデータ通信は稀に使うキャリアメールOnly。
  つまり完全従量制の音声データパック料金(の安いの)で十分。

  一方スマホは格安SIMを挿したのでこちらは完全定額。
  2台の通信費を合算しても、端末費用は数か月で回収完了済。
  あとは毎月差額が出るだけ。

 以上、当方が持ち続けている理由はこんなところか。

 ◇

 ということで、上の理由を再整理すると、当方の場合「ガラケー」に求めるのは

 ・折り畳み+物理ボタンで使い易い
 ・軽くて小さくて防水
 ・電池が持つ
 ・端末安い
 ・維持費も安い

 って、身も蓋もないですがな。
 逆に言うと、以上の条件さえ満たしてくれれば、別にOSなんかどうでもいい、と。

 とはいえ、今のところDoCoMoもauも「ガラホ」では上記条件を全て全て満たしてはいないという風に見えるので。
 自分は結局、当分は「ガラケー」のまま使い続けることになるのでしょう、と。

 ♯個人的には「ガラホ」で一番懐疑的なのは電池の持ち、次が端末代ですな。
  結局最終的には大きな電池積むしかないんだろうなぁと・・・そして端末代に跳ね返るとか。

Share

iijmioのFOMA回線って低速モードですらSP MODEより快適なような。

 普通に考えたらそりゃね~だろ、と思うのだが、体感では実際そうなのだから仕方がない。

 自分はneorouter+PocketCloudでFOMA網越にRDPを使うことが結構あるんですな。このRDPというのは御存知の通り帯域や遅延に相当敏感なので、回線品質を文字通り「体感」出来るんです。
 ところが、FOMA+SP MODEで繋いでいると、そこそこ速い時がある一方で、レスポンスが悪すぎて使いモノにならないということも結構あったんですよ。何と言いますか、電波状況とは別に回線速度にムラがあるというか。

 ところがiijmioのSIMに差し替えて未だ数日とはいえ、速度制限のかかった(「みおぽん」で低速側に設定している)状態で同じく何度かRDPしてみたが、SP MODEの頃のように「たまに遅い」ということが今まで一度も無く、毎度スムースに接続出来てしまっているんですな。これはびっくり。

 ということで、時々聞く「iijは低速時の回線品質がいい」というフレーズには思わず納得。
 自分のように動画を見ない、IP通話も使わない、そんな人間からすると、200kbpsというのは十分に使いでがある、というかぶっちゃけ常時200Kbpsでも殆ど不便しないということが判明。

 何しろ、日常系アプリを色々試してみて、200Kbpsの限界を感じたのは地図とダウンロード形電子新聞の2つだけで、それ以外はまぁ普通に使えてしまったとので。

 ということで、iijmioのSIMは大満足の一品でしたとさ。

 P.S.
 そいえばパケホーダイの解約ってWebから出来ないのね。結局DoCoMoショップに持ち込み手続きしましたよ。
 ちなみにDoCoMoの割引無しの素のパケット代は1KBあたり1.68円で、まぁ割高ではあるのだが、自分の場合はキャリアメールはたまに投げる程度の使用頻度ということもあり(でも無くせないの)、パケホーダイ系のサービスに入るよりもパック料金の無料通話枠をアテにした方が良い模様。
 ・・・というか、何でパケホーダイダブルって申し込んだ瞬間からパケット料金が月額無料枠から追い出されるだろ。

 ♯まぁキャリアメールの必要性さえ無くなればiモード自体解約するのだけど、さ。

Share

MVNO用にdocomo白ROMなスマホを買お・・・やっぱ待ちか。

 さて、ガラケーを買ってしまったので次はスマホですよ。取り敢えずMVNOの使用開始はしたものの、相変わらず使いたいアプリも入れられないような状態なので。さて、どれ買いましょうか。

 が、正直今微妙な時期なんですよね。DoCoMoは直近の9/30に新機種発表会があるので、新機種が出てくれば旧機種は値動きがあります。
 とはいえ新モデル情報もほぼ推測出来る状況なので、それを横目に見つつ、取り敢えず選んでみましょうか。
 条件としては、防水、Android 4.4に出来ること、IIJMIOのMVNO SIMが使えること、Full-HD LCDディスプレイ&5インチ以上(有機ELは劣化が速すぎるので却下)、出来れば¥30K程度~最大でも¥40K。

 取り敢えずこんな感じで、条件にハマりそうな機種を片端からチェック開始。

 ◆◆

 ◇電源ボタン故障頻発◇AQUOS ZETA SH-01F ¥30K

 電源ボタン故障報告がネットに散見される。全然平気という人も居るので、もともと強度が高くない+組立品質にバラツキあり、ということか?
 まぁ兎に角、こういうツメの甘さはSHARP製端末ではよくあることなので、回避した方が無難かなと。電波感度の悪さとメカのヤワさはSHの伝統芸です。

 ◇何故に充電接点が無い◇ARROWS NX F-01F ¥30K

 機能の割には白ROM価格も安く、DiXiM playerプリインスト等結構ポイント高かったたのだが、いかんせん充電接点が無いことが最終的にはNGの決め手に。
 何しろMicroUSBコネクタの強度には個人的に非常に疑問を持っているので。充電接点が無いスマホなんて怖すぎる。
 一説によると防水との兼ね合いもありUSBコネクタ強度にも配慮はしてあるらしいのだが。

 一応私の恐怖心には実体験という背景があって。以前業務都合で会社備品の3Gモデムを持たされていたのだが、コレのMicroUSBコネクタは毎日充電していると半年ぐらいで完全にバカになってしまっていたという。
 念のため、同様の症状は自分以外でも多発していたので、自分だけが特別USBコネクタの扱いが荒いということもないですよ、はい。

 ◇ROMが32GBでさえあれば◇Xperia Z SO-02E ¥34K

 他モデルと比べるとROMが16GBということ以外には特に弱点は無いモデル。
 つかキャリアの余計なソフトでストレージが圧迫されるというのに、グローバルモデルだと32GBのROM容量を何故削ったんでしょ。

 ◆結局コレ本命か?◆Xperia Z1 SO-01F ¥40K

 初代Zの進化形で、ディスプレイやらカメラやらが良くなり、CPUが速くなっているが、個人的に一番の着目点はROMが32GBとだということ。
 ZとZ1の価格差でROMの容量差が納得出来るかというと、個人的にはこの金額差ならROM32GBで、という判断。

 ちなみにグローバル版C6903と国内版の違いは、ROM倍増(グローバルだと16GB)+ワンセグ&おさいふケータイ追加+余計なキャリアアプリ追加、とのこと。
 Webで情報を探すと、グローバルモデルではファクトリーリセット(Android4.2)+キャッシュ削除でRAM空き1.2GB、ROM空きは11.5GB程度とのこと。一方の国内モデルではファクトリーリセット(Android4.2)でRAM空き1.1GB、ROM空きは25.8GBだそうなので、差引のメモリ100MB&1.7GB分がキャリア&国内専用アプリの取り分ということか、それとも単なる表記誤差か。

 ◇品質に問題あり?◇Xperia Z2 SO-03F ¥63K

 Z1とZ2の最大の差別化要因であるRAM+1GB、それに払う差額にしてはさすがにちと高いよね。
 Z3発表で値崩れすれば検討対象になるかも・・・と思いきや、品質のバラツキが大きいのでDoCoMo側から申し入れで早期に生産終了したという噂が。
 確かにフラッグシップモデルの筈なのにDoCoMoショップの店頭からあっという間に消えたし、何か意図があって引っ込めた、と言われると納得してしまう不自然さ。前モデルのZ1が白ROM市場に溢れているのと比べると異例と言って良いし、これは回避か。

 ◇4.2のままなので◇AQUOS PHONE SH-06E ¥32K

 「Android 4.2のままで良ければ」最有力な一品なのだけど、4.4欲しいし。
 SHにしては珍しく目立った不具合の無い「ソツない」端末で、MVNOモデル向けのベースとしても実績あったり。
 この機種は外部充電端子こそ無いものの、代わりにQiの置くだけ充電に対応しているのでそこは全く問題なし。とはいえ、Qiの充電器(充電台?)はあまり安くないというのもポイントか。

 ◆◆

 結局、やや古いが売れ筋の旧フラッグシップモデルが一番の候補という、何の捻りもない結論に。

 とはいえ実際に買うかどうかは未だ保留中。まずはZ3の出回る様子を見てみないと。

Share