MSは自社の有料Webサービスの正常動作すら確認しない程度にはIEを見捨てているらしい。

 今回はビミョーな何だかなぁ感が残るお話。

 さて、当方が触る環境の中には所謂「管理された端末」というヤツがありまして。
 32bitのWin7にブラウザはIEだけ、Officeも2010のままバージョンアップの気配すら無し、というまぁ「日本企業では標準的」な端末でございます。
 そして当方、この端末を使ってMSのWebサービスを使うことがままあるのですな。

 なのだが、最近のMSはどうやら自社サービスがIEで正常に動くか全く確認していない模様。
 何故って、有料サービス含めて、FirefoxやChromeではまともに動くのにIEだとコケる、という事象が割と頻度高く発生しているんですよ。
 え、Edge?確認していないので不明。

 ちなみにコケてる理由はだいたい「IEにとって」DOMの扱いがミスってる、ということ。
 F12でデバッグコンソール見てみるとこんなのが出ていることが多い。

 >SEC7118: [URL] の XMLHttpRequest には Cross Origin Resource Sharing (CORS) が必要です。
 >SEC7119: [URL] の XMLHttpRequest には CORS プレフライトが必要です。

 はい、フツーにクロスドメインアクセス周りの不具合でございます。
 具体的な被害としては、ダイアログから先に進まない、ボタンが無反応、突然Access Deniedで蹴飛ばされる、ファイル転送が始まらない等。

 問題というか話がアレなのは、FirefoxやChromeで使っているとこのテの問題にはほぼ遭遇しないこと。
 究極的にはIEのバグというか互換性の話になるってことよね、コレ。
 そして、症状が出てから数日程度で、何事も無かったかのように直ったり、また突然発症したりを繰り返していること。
 特別な操作しなくとも簡単に再現可能な不具合が何度も繰り返し発症する辺り、まぁ少なくてもきちんとテストはして無いんだろうなと。

 あ、別にMSがIEを切り捨てることについては個人的には全く文句は無いんてすよ。というか、さっさと諦めてくれた方が幸せ。
 ただ、ならば明示的にアナウンスしてくれと。日本の「端末」管理者の大多数は未だにIEだけ動かしておけば安泰だと思考停止しているので、ね。

 とまぁ、本日はこんなしょうもない話でした、はい。

Share

ハイレゾならぬリマスタ商法はコレどうなんだろう。

 間に一つ挟まってしまったが、俗にいうハイレゾオーディオについてぐだぐた言う回、最後にコレでも。

 いわゆるハイレゾ音源に手を出すようになってしまって以来、ハイレゾ音源と通常のCD相当音源を聴き比べて「何と言ったものか」的な感想を抱くことが正直少なくないんですわ。
 こんな感想が出る理由は明確で、

 16bit44.1KHz(48KHz)のミックス&マスタリングが酷過ぎる

 この一言に尽きるんですよ、コレがね。

 ◇

 特に日本では音圧競争なれの果ては俗に「海苔」なんて言われるぐらいべた~っとした波形のミックス&マスタリングが当たり前のようになってしまっており、挙げ句の果てにはデジタルクリップなど恐れない的な代物が堂々と「商品」として出回っている始末。

 アマに毛も生えない程度の自分ですら音聞いていて普通に気になるし、波形取り込んでちょっとしたツール使えばガシガシ引っかかってくる(検出される)というレベルなのに、これを放置する「プロ」ってどんだけなんよ・・・ととと脱線脱線、話を元に戻して。

 自分が聴く音楽は基本的には多重録音で、ボーカルとオケが別録なのは当然として、コーラスや複数人ボーカル、オケの楽器自体も完全バラ録が今時の当たり前。
 こうなってくるとミキシング&マスタリングの技術が音楽トラックしての完成度の命運を握っていると言っても良いワケなのだ、が。

 もうね、何というかね・・・というモノが多過ぎるワケですよ。
 正直言って音圧云々とは関係無くというかそれ以前に「単にヘタクソ」なものが殆ど。

 ♯こういう音源の耳障りを少しでも良くする為に、以前ネタにした「テープシミュレータ」+「真空管シミュレータ」+「BBE」という組み合わせは効果絶大なんです、少なくても自分には。

 で、ハイレゾ配信になった途端、マスタリングどころかミックスからやり直しただろコレ、的な音源が実際ちらほら見られる訳です。
 結果的に(元々が酷いので)良くなっているモノが多いのだが、実際こういう音源を手元でダウンサンプリングして16bit48KHz(44.1KHz)にしてみても、当初出た16bit44.1KHz(48KHz)の音源より圧倒的に良いんですよ。当たり前だけど。

 ・・・やれば出来るってのに、何で最初からこの音質で16bit44.1KHz(48KHz)のマスター作らないの?
 これで「ハイレゾだから音がいい」って宣伝するの、詐欺って言うんじゃ?

 ◇

 それじゃ24bit96KHz(或いはそれ以上)音源は今のところ素晴らしモノかと言われますと。
 最近ハイレゾ音源でも「海苔」の台頭が目に余るワケでして・・・。

 個人的には「海苔」も大概とは思っていますが、問題の本質は結果として「海苔」になることではないと思っていますよ。
 EDMやダンス系の音楽では狙って作っているだろうし、それが心地良いならそれもアリ。
 そうではなく、現状として猫も杓子も「海苔」にする為に無茶苦茶なミックス&マスタリングで音がズタボロになっていることの方が問題なんだと思いまっせ。

 ♯そもそもヘタクソなミックス&マスタリングなのに「海苔」化で更に悲惨なことになっている場合を含む。

 その点、波形見ると海苔なのに聴くと実にスムースなんて恐ろしいマスターも「極稀に」あります。
 これはホントにミキシング&マスタリングエンジニアの超絶技巧の結晶なワケで、素直に感服してしまう訳ですがね。ホント「極稀」ですよ、こういうのに当たる確率。

 そして大抵の「海苔」は現在進行形でまぁ以下略なワケでして。
 24bit96KHzというフォーマットの優秀さで「辛うじて」16bit44.1KHz(48KHz)よりはマシ、というレベルものも最近は珍しくなくなってきている気がするのですよ。
 このまま行くとあと数年でハイレゾ音源もボロクソミックス&マスタリングが当たり前、になっているかも。

 ♯いやマジでそうなって欲しくないですが、今のハイレゾ関連商品の展開を見ていると正直こうなる確率は相当高いかと・・・。

 ◇

 ということで、本日のうだうだの結論。

 「商品」を作る以上、ハイレゾでも16bit44.1KHz(48KHz)でも、まともなミックス&マスタリングしろや
 自分みたいなシロートにすらガタガタ言われるようなモノを「商品」として売るなや

 ということです、はい。

Share

米国デザインのVIA CPUが中国国産の看板を背負っていた話。

 本日のお題は先日見た「やじうまPC Watch」の記事から。

 その記事は「IDT WinChipの血統のVIA CPUは実は新製品が出ていました」というお話で、まぁそれだけならば「あ~」という程度で終わったのだが。
 ふと脳味噌の中で引っかかることがあったので、軽く調べてみたらあらまぁだったというお話。

 ♯当方はNehemiah(C3-1GHz)を自宅サーバにしていた時期もあります、はい。
  ちなみにM/BはAOpen製ののMX36LE-UN。当時は珍しい黒基盤がカッコ良かったんですよ。

 さて、本日何でこんな話を書いたかというと、以前「中国が国産のx86 CPUを開発した」的な話をどっかで見かけた記憶が残っていたので。
 実際問題としてx86 CPUを今更スクラッチで開発するなんてコスパ悪過ぎなのと、本当にスクラッチで開発していたらもっと大ニュースになっている筈なのにちっとも話題になってない→開発してね~な、ということで「まぁリブランドでもしてるんやろ」ぐらいに思っていたのだが。

 なので、記事に出てきた「兆芯」という会社は何じゃらほいと調べてみたところ。
 これ、英語名だとVIA Alliance Semiconductorという名前で、2013年4月に上海で設立されたJV(ジョイントベンチャー)。出資元は台湾VIAとShanghai Alliance Investment Ltd=上海SASAC=上海国務院国有資産監督管理委員会、要するに中国共産党ですわ。
 一方、米国側の関係会社というか母体というか踏み台になったのがVIA Alliance Technologyで、コレは遡ること2年半前、2010年9月に設立されている。

 そして現在、Centaur Technilogyは事実上VIA Alliance Technologyの傘下の模様。
 御存知だと思うので念のため、Centaur Technilogyはアメリカの会社です。

 ・・・ここまできて、もしやと思って「中国の国産x86 CPU」ネタを軽く調べたところ・・・ビンゴ。
 「兆芯から中国国産のx86 CPUが登場した」という文面が、中国語のサイトからガシガシ出てくるんですわ。

 ということで、以上から導き出される結論は。

 懐事情が厳しくなってきたVIAはCentaur Technilogyを「事実上」中国共産党国営企業に譲り渡した。
  ↓
 中国共産党国営企業は米国でデザインされたCPUをいつものノリで「国産x86 CPU」と言っている。

 という、まぁあるあるでしょうな。

 現在のVIAの主要ビジネスは組込向けマザーの供給だが、このビジネスの継続の為にx86の独自CPUを持っている必要性は正直無いし、それどころか自前で半導体チップを開発する必要すらない。実際、VIAのラインナップ見てみるともう半分以上はARM。

 一方で半導体チップの開発やサポートには正直コストがかかる。
 なのでVIAはそこそこ売れていたUSB Audio等も含めて自前のチップ開発を終了してしまった(結構あちこちから買い集めてラインナップ揃えたのにね)。
 ところが、CPUについては中国が欲しいといったので、JVを作って事実上譲り渡した、と。

 ♯恐らく開発費の大部分は中国が出してくれるだろうから、VIAからすると開発済CPUの供給継続と新規開発の成果を低コストで手に入れられる美味しい話だったのでは。

 ちなみにこの兆芯、割と最近35W/8C/2GHzというCPU「C-OctaCore FC-1080」を発表しているのだが、ベンチを見ると数字が何故か「2x VIA Quad Core 2GHz」という謎のボード(ちなみにチップセットはVX11)と誤差程度しか違わない。VIA Quad Coreの最新バージョンはMCMではなく1ダイになっていることと併せて考えると、何だか味わい深い感じですな。

 そしてこのベンチ結果、数字の絶対値を見るとPentium G3420(53W/2C/3.2GHz)とかCore i5-3230M(35W/2C/2.6GHz)と大差ない感じ。
 コア性能1/3かよ、というツッコミが入るだろうが、コアあたりの消費電力はノート向けIvyBridgeと比べても1/4なんですよ。

 つまり電力性能という見方をすると実は結構悪く無いのです、念のため。
 WinChipの伝統は脈々と受け継がれていますな・・・。

Share

MQAフォーマットって次世代MP3、かも。

 今回もうだうだ長いので、まずはまとめ3行。

 ・MQAフォーマットはハイレゾの高域を可聴域に押し込む技術。
 ・高域を不可逆圧縮で、時間軸レスポンスを重視した方式。
 ・言うなれば新世代のMP3。理屈は分かるが何だかビミョー。

 ◇

 さて、前回に引き続いてMQAのお話。
 今回はMQAフォーマットについて。「高域を低域に埋め込む」とはどういうことか。
 個人的にはビミョーという印象を持ってしまったが、その辺りも含めてつらつらと書いてみます。

 ◇

 前回書いたように、MQAでは音質について「時間軸で正確」というアプローチを取っているんですよ。

 ではそれを具体的に実現しようとすると、原理的にはハイレゾにするしかない。
 デジタルでサンプリングしている以上、サンプリング周波数=時間軸精度という制約を受けざるを得ないワケで、この周波数が高い程原理的に「時間軸の正確」性を保証し易い。
 というか、サンプリング周波数未満の時間軸の正確性を担保することは原理的に不可能ですわな。

 一方で、ハイレゾ配信ではデータ量が増える。そりゃそうだ、情報量が多いんだもの。
 この情報量の多さが問題だ、というのがMQAの主張。

 ・・・え?
 そもそもハイレゾ音源程度の情報量の多さで何が問題?動画がバンバン流れるこの高速回線時代に?

 ↑コレが自分の最初の感想で、結局最後までこの印象はひっくり返らなかったので、自分的にはビミョーという感想しか持っていないのだが。
 まぁ、ここは話を続けます。

 で、ここからはまたMQAの主張。
 人間の耳は「ダイナミックレンジには鈍感」なので、ハイレゾの高い周波数成分を圧縮して、可聴帯域内の微細な音量変化に押し込んでしまえば良くね、と。
 そうすればハイレゾをそのまま配信する場合と比べて、データ量を抑えることが出来るよね、と。

 例えば、24bit/44.1KHzのデータのうち下位6bitを「高周波数用」として割り当てると、従来の再生装置でも18bit相当の音源としては問題なく再生出来る。
 一方で、MQA対応の再生装置を使うと、18bit/44.1KHzに加えて、最大で176.4KHzまでのハイレゾ相当の周波数成分を復元出来る。
 その結果、ハイレゾの特徴である「時間軸での正確」性を担保できる、と。

 勿論「押し込む」ので原理的に不可逆圧縮、ハイレゾそのままよりは劣化していることは間違いない。
 だが、要するに「限られたデータ量を音量変化より周波数帯域に割り当てた方が幸せになれるでしょ」というのがMQAの主張なワケですよ。

 ・・・ん~、まぁ理屈は分かるのだけど。
 こういう発想は「限られたデータ量を音域全体でなく耳につく音だけに割り当てた方が幸せになれるでしょ」というMP3と根は一緒な気がするのよね。
 なので「新世代のMP3」と自分は解釈しました、はい。

 ◇

 ちなみに、この「時間軸での正確」性については、実は従来から別のアプローチもあるのであり。

 音の時間軸のズレは波形で見ればブレ・鈍りなんですよ。
 そして再生時にこの波形のブレ・鈍りを発生させる最大の要因がDACのオーバーサンプリング・デジタルフィルター処理。

 そこで、オーバーサンプリング処理時に「本来あるべき波形」を推測して近づけてしまおう、という技術が生まれたワケで。
 このテの技術は「失われた20KHz以上の再生」という言い方をされることもあるが、同時に「時間軸の正確」性も(何も考慮してない場合に比べて結果的に)改善されている、と。

 ♯「推測」なのでどうしても音に味付けが出るのが不可避なので、好き嫌いも出るのだが。でもそれを言い出したらそもそもオーバーサンプリング・デジタルフィルター処理自体原理的に音への影響は不可避なので、ね。

 この技術の先駆けが日本コロムビア=DENONのALPHA Processing。その他にもVictorのK2 TECHNOLOGY、PIONEERのLEGATO LINK CONVERSION、その他色々開発され実装されていったのだ、が。
 現在単品コンポとして生き残っているのは上記の中ではALPHA Processingのみで、K2はシステムオーディオのみ、LEGATO LINK CONVERSIONに至っては消滅の憂き目に遭ってますな。

 ♯PIONEERが現在採用している「Hi-bit32 Audio Processing」もLEGATO LINK CONVERSIONを血を引いていないワケでもないらしいのだが、直系という程でも無いようで・・・。

 あと、DENONの海外サイトにALPHA Processingの技術解説ドキュメント(英語)があるので、読んでみるのも一興かと。つかコレの日本語版何処?
 http://www.denon.com/pages/GlossaryDetail.aspx?GId=13

 ◇

 以上、こんな感じで。

 ちなみに、このMQAの原理を理解して最初に思い浮かんだのは、実はMP3ではなく昔あった4chレコードだったんですな。
 アレは2ch分の音声を可聴領域より上の帯域のFMに乗せてしまうという代物だったが、何か発想が似ているような気がして。
 ただ、流石に4chレコードなんてブツがアレ過ぎて絶対伝わらないと思ったので、次に思い浮かんだMP3ネタを上には書きました、と。

 ということで、今回はここまで。

Share

MQAのアプローチ自体は割と真っ当な気がする。

 今回もうだうだ長いので、まずはまとめ3行。

 ・MQAって最近何だか微妙に流行りつつあるらしい。
 ・MQAの高音質化のアプローチ自体は結構悪くない気がする。
 ・フォーマットと高音質化アプローチを一緒くたにしている現在のマーケティング手法はダメ過ぎ。

 ◇

 さて、巷ではほぼ話題になっていないが、俗にいう「おーでぃおふぁいる」なる人々の間で話題になっているらしい「MQA」というフォーマット。

 ハイレゾについていろいろ調べたり考えたりしている過程で引っかかってきた単語なのだが、個人的には「理屈に納得」した部分と「え゛ー」という部分と両極端だったので、取り敢えず触れてみる。
 但し、現在のMQAのマーケティング手法が正直あまりにも分かりづらく、かえって混乱を招いているだけな気しかしないので、

 ・MQAの高音質化アプローチ=「時間軸で音を正確にする」
 ・MQAフォーマットの原理と特徴=「高域を低域に埋め込む」

 の2パートに分割して、取り敢えず以下に書いてみる。

 ◇

 以下、「時間軸で音を正確にする」とはどういう意味かについて。

 これ以前自分が書いたネタ。というか、前回書いた元ネタの方がコレ、というネタバレ。
 詳細は前回のエントリ読んで下さいな。ざっくり言うと、時間軸での音のズレや変化に人間は結構敏感っぽい、という。
 振り返って、近年のオーディオ制作環境を見てみると、という話ですよ。

 最近の制作現場では基本的にデジタルの世界で音を捏ね回す。デジタルの素晴らしいことは伝送時にノイズが入らないことで、おかげでノイズフロア(無音時の雑音)が下がり、ダイナミックレンジが稼げるようになったと。
 更に、様々に音を加工しても劣化が少ないため、音源に対してアナログ時代には信じられない程の手を加えているというのが現代のオーディオパッケージ。

 が、デジタルの世界ではこの時間軸の変化が忘れ去られてきたのではないか、というのがMQAの主張。
 時間軸での変化が発生した結果、再生した音は当初の音とはかけ離れてしまう、と。

 実際問題として、デジタル世界でもフィルタを使ったりすると時間軸の変化は避けられない。これは数式ではじき出せる「原理」「理屈」そのもので、避けようがない。
 一番分かり易いところでは「リニアフェイズ」アルゴリズム。
 実際に処理した結果を見ると、実際の音の波形の前後に追加の波形が発生してしまう=時間軸では明らかに変化している。名前の通り位相こそはズレないのだが、逆に位相をズラさない為にはこれは不可避という。

 他にも、変換で使われるディザリング等、この時間軸での変化を発生させるポイントは、デジタル世界で処理していても相当に多い。
 しかも実際に処理に使われているアルゴリズム=数式を解いてみても、原理的に発生するもの。
 つまり、時間軸で見ると音はどんどん「正確」ではなくなっている、というワケですな。
 これが音質にとって致命的によろしくない、という主張ですよ。

 それに対して、MQAではどうするか。
 肝心のこの部分は、残念ながらきちっと書かれている文章は見つからず。
 とはいえここまでの流れを考えれば「ざっくりした」方向性は明確で、意図的に逆方向の時間軸変化を加え、結果的に時間軸のズレや変化が少ない音源を作る、ということではないかと。

 ◇

 以上、MQAの高音質へのアプローチ、でしたとさ。

 えっと・・・何となくBBEが思い浮かんでしまったのは自分だけですかね。アレはマイクやスピーカーという物理的な制約によって発生する群遅延特性を改善する為に電気的に補正をかけるというアプローチだが、「時間軸で補正」というのが共通点なので。

 さて、ここまでで予定よりだいぶ長くなってしまったので、「MQAフォーマットの原理と特徴」は次エントリにて。

Share