AIRのXpand!2は、やっぱりどう聴いてもHypersonic3だった。

 さて、少し前にM-AudioのUSB Audio I/Fにバンドルされ「うぉー、UR12買ったの早まったか」とか思ってたところに、Plugin Boutiqueで99%OFFとかいうトンでもないセールが始まったAIRのXpand!2。

 値段が値段なのでセール開始初日にお買い上げしたところ、ライセンスシリアルナンバーだけメールされる方式にも拘わらず「在庫切れなので後日発送」とか言われてしまった辺り(翌日には届いたけどね)相当数が出たのではないかと。

 まぁそんなブツなので今更ではあるが、簡単にレビューでも。
 また例によって長いので、取り敢えず3行。

 ・軽いSubtractive+FMシンセ。
 ・音数充実、シンセ系の音はいい感じ、生音も意外とこれが。
 ・¥100(ぐらい)のうちに取り敢えず買っとけ。(~8/31@Plugin Boutique)

 ◇

 さて、ここからはだらだらと。

 このXpand!2という音源、昔WizooのHypersonicを使ったことのある古い人間(自分含む)には「要するにHypersonic3」と言えば通じるのではないかと。まぁそれぐらい「まんま」ですよ。

 で、上記のネタが通じないもう少し普通の人に向けて書いてみますか。

 一言で言ってしまえば、ちょっと古い軽量なSubtractive+FM音源。個人的には、画面デザインから受ける印象と音の印象はそう違わない。
 稀に勘違いした記述を見かけるが単なる「ロンプラー」ではないよ、念のため(Sample Playbackもあるけど)。

 ♯ハードシンセ(=キーボード)を知っている人だと「デジタルナントカ音源とかデジタルコントロールナントカとか一時期流行ったよね」の正にその「一時期」の感覚そのまんまだと思って貰えば。

 CPU軽量で音数は結構豊富、最大4レイヤの音色を重ねて使えるが、音色のエディット幅はそこまで広くない。
 音質はシンセ系は「いい感じ」で生音は「そこまでリアルではないがソツなく意外と悪くない」。全体として「十分使える」。

 この出音の良さを支えるのが、Subtractive・FM・Sample PlaybackにVirtual ToneWheelまで揃えたハイブリッド音源と、元Wizoo=現AIRのエンジニアの音源の使い方の上手さ。
 サンプル容量が1.5GB程度とコンパクトでCPU負荷が低いにも拘わらず悪くない音がするのは、ある意味匠の技みたいなもの。

 ちなみにこういうある意味「伝統的な構成の」音源が今主流ではない理由はというと、いい音を作るのも、それをエディットするのも難しいから(と個人的には思っている)。
 今時全盛のサンプリング音源は素材さえ良ければまぁまぁの音が出てしまうし、フィルター等で加工する(=音を「削っていく」)のも操作と結果がほぼダイレクトに結びつくので、扱い易い。リアルな音も、加工した音も、どちらも出し易いのですよ。
 一方でSubtractiveでは生音のような複雑な倍音を含む音を作るのはそもそも苦手だし、そうでなくとも狙った音を作るのは簡単ではないので。FMなんて何をいわんや、ということ。

 ♯自分は初期のデジタルシンセの「頑張ってる感」=「デジタルシンセ臭い」音が好き、且つFM信者なので、多少の贔屓目はあるかも知れないが、デモ音源やデモムービーをチェックすればXpand!2が「古臭い音源」ではないことは十分伝わるかと。

 とはいえ、今時音源なんて多種多様ある中、さすがに定価(99.99$)で買うのはねぇというも確か。
 なので、今回のような特売だったり、或いはUSB Audio I/Fにバンドルで付いて来るとしたら要チェック、と。

 ♯今回の特売を見送った後やっぱり欲しくなってしまったらM-AUDIOのUSB Audio I/Fをチェック。

 最後に一つだけ。
 何故かTracktion5ではロード出来ないという謎の症状あり。
 他のDAWだと問題ないようなのだが・・・少なくとも自分は他のDAWでは聞いたことない。

 ◇

 まぁ取り敢えず紹介としてはこんな感じですかね。
 取り敢えず何か気になるところがあったら買っておきましょ、激安のうちに。

Share

Tracktion 5はPC音声出力にVSTエフェクトをかけるのに最適だという話。

 今回もまたダラダラと長いのでまず3行で。

 ・VST使ってPCサウンド出力にエフェクトかけたい
 ・VSTHostはお手軽だが音声が遅延でどんどんズレる
 ・タダで使えるTracktion5を使えば問題解決

 以下、長文。

 ◇

 以前ここでVB-CableとVSTHostを使ってPCの音声出力にエフェクトをかけるというネタを出したが、さてこの方法、お手軽なのは良いのだがこれまた良く知られている大きな欠点があるのであり。

 それはずばり、VSTHostのオーディオエンジンの出来のイマイチさ。
 具体的には暫く使っているとどんどん音声が遅延してくるというもの。

 どうもコレ内部的に処理落ちすると発生するようで、オーディオエンジンをリセットすればその時は収まるのだが、また暫く経つと・・・といった感じ。
 純粋に音声だけの垂れ流しではあんまり困らないかも知れないが、困るのが例えば動画の音声にエフェクトをかけているような場合。音声側は横取り処理をしている以上どう頑張ってもレイテンシが出てしまうので、動画再生ソフト側では逆に映像を遅らせる(または音声を先行させる)ことで結果的に映像と音声で同期を取っているのに、コレが崩れてしまうんですな。この状態で映像なんて見てると実にキモチワルイ。

 で・・・自分も少々長い動画を見ている時に、このキモチワルイ状態にしょっちゅう陥るという状況になってしまい。正直たまらんので、VSTHostに代るソフトを探してはみたものの・・・シンプル且つタダで使えるVSTホストって見当たらないなぁ、と。

 ♯カネ払う前提ならBlue Cat AudioのPatch Worksなんて悪く無いと思うが、どう考えてもオーバースペック。

 そんな自分が辿り着いた先は、何とまぁ普通にフル機能のDAWソフトウェアでありましたとさ。
 具体的にはTracktion 5。

 メアドとパスワードを登録すればタダで使えます、はい。
 独特のGUIは初めて使う人にはややハードルが高く、CubaseやSONAR等の「一般的な」DAWソフトに慣れている人だと尚更首を傾げる気がするが、一度このソフトの流儀を理解すれば全く問題無い。
 というか、個人的にはこれ一度シグナルフローさえ理解してしまえば相当使い易いと思うのだが。

 フル機能がタダで使えるDAWといえばStudio Oneも有名だが、アレは有料の上位版でないとVSTが使えない。
 一方少々年寄だと古いReaper(Ver0.999迄は無料だった)を思い浮かべる人も居るかも知れないが、こちらは凄まじく音が悪いので今更引っ張り出す理由は何処にもない。
 ということで、事実上の一択ですがな。

 更にDAWソフトなので、オーディオエンジンの安定性も全く問題無し。
 VSTHostだと確実にボロボロになってしまうCPU負荷が100%に近い状態で暫く流してみたが、音飛びこそ出たものの音声の遅延増加は発生せず。

 ということで、Tracktion5をこんな使い方しているのは国内どころかWorldwideでもそう居ないような気がするが、自分はこれで漸く幸せになれました、とさ。
 

Share

KORG nanoPAD2を買って、フィーリングとコスパとを考えてみた。

 2回連続でDTMネタでも。

 前回はiRig Keys 25をバンドルソフト欲しさにお買い上げしたが、今回のターゲットはKORG Legacy Collection Special Bundle。以前から欲しいなぁと思っていたが、中々きっかけが無かったというか、何だかコスパがイマイチな気がしていたというか。

 ♯KLC自体いい加減古臭いというか放置されている感は無くもないが、ディスコンになっていないということは必要になれば最低限のメンテはする筈で、そういう意味ではまぁ問題ないかと。

 ところが、そのKLCに一週間限定の半額キャンペーンが。素のKORG Legacy Collection Special Bundleを買っても¥10Kなのだが、またしても「ハードもソフトもやっているメーカー」の御多分に漏れず、各種フィジコンコンに付属しているM1Leからのアップグレードだと¥5K。つまり¥5K以下のフィジコンなら合計しても単品ソフト買うより安くなる。

 ということで、買ってしまったのがKORG nanoPAD2。これまた以前から気にはなっていたものの、ぶっちゃけ買った後ソレどれだけ使うんだよという理由でずっとスルーしていたという。
 なので、取り敢えず簡単に感想でも。

 ♯一昔前(2015年10月辺り)迄は多くのKORG製フィジコンにKLCのフル版が付属していたので、例えば¥6KでKLCと25鍵ミニキーが手に入ったのに、という野暮な突っ込みは却下。逆に言うとソレを逃して悶々としていたのでついうっかり、というのは正直あると思われ。

 ◇

 いやぁ・・・これは何というか、自分とフィーリングがイマイチ合っていないというか。
 パッド自体が多少硬いことは店頭で触ったりして認識していたが、そこそこ強く叩かないとそもそもトリガーが入らないってのは・・・。

 確かに「少し叩く」位ならこれ良いのかも知れないが、調子に乗ってぽこぽこやっていると指に結構ダメージ来るよねコレ。しかも、調子に乗ってリアルタイムで打ち込もうとすると取りこぼしが出ること出ること。
 まぁこの辺りは個人の好みの幅もあって、自分なんぞピアノ鍵盤をしばらく弾いているだけで音ヌケに近い状況を発生させてしまうヘタレ(シンセ鍵盤万歳、出来れば軽めの重り入りで)だということもあるだろうが、まさかここまで自分と相性が悪いとは。

 ちなみにこの感度の悪さというか強く叩かないと反応しないことに不満を持つのは自分だけではないようで、この問題に対処する為に、パッド部品(シリコンゴム製?)とセンサーシートの間に布テープ等の厚みのあるものを挟む、ということをやっている例がある模様。
 これもやり方というか程度を間違えると今度は誤動作の嵐になってしまうらしいのだが、上手くいけば「軽く叩けばトリガー自体は入る」という結構いい感じになるらしい。

 おっと、触れ忘れていたが、XYパッドは確かに面白いわコレ。タッチセンス入っていれば完璧だったのだが、さすがにこの値段でそれは無理か。
 でもちゃんとMIDIパラメータ割り当ててスリスリすると音がギュイギュイ変わってくれまっせ。

 あと、この価格でこれだけのパッドが付いているというのはコスパは高い・・・かね。
 使用目的とフィーリングとの両方が合えば最強な気がするが、自分的には後者のフィーリングってのが・・・う゛~ん。

 ◇

 まぁそういう訳でフィジコンとしては何というか・・・という感じで終わってしまったのだが、当初からの目的であるソフトシンセの方はというと、勿論速攻で登録してカード決済、アップグレードしましたよ。

 ・・・いやぁいいわコレ。特にWAVESTATIONのいい意味でデジタル臭いこの音、この音がイイのよ。M1もたまらんわぁ・・・オッサン臭いと言われようが、こういう音が心の響くのよ、文句あっか。

 ♯ちなみにM1は音源自体はM1Leと違わず、違うのはプリセット数とエフェクトの種類&幅。

 という訳で欲しかったVSTは無事手に入れてゴキゲンなものの(注:この時点ではMS-20もPolysixもMono/Polyも未だ鳴らしていない)、nanoPAD2の方はどうしようかと・・・やっぱり改造かね?

Share

Windowsのドライバが何故か組み込まれなくなってしまったら。

 今回は稀に突然発症するWindowsの病気、「何故かドライバがインストールされない病」のネタでも。
 何でこんなネタを出したかというと、自分の端末が喰らってしまったから。

 ◇

 まず、この症状の解説から。

 「ある日突然、それまで使えていたUSB等の機器が認識されなくなった」

 これが病状。
 ってさらっと書いているが、これ結構致命的で、使い方次第ではこうなったらPCが役立たずになってしまうことも珍しくない。
 例えばUSBメモリなんかが、昨日まで使えていたのに今日突然使えなくなった、とか。
 まぁメモリ程度なら兎も角、データ山盛HDDなんかだとかなりシャレにならないことに。

 なので、ここからは原因切り分けを開始ということで。
 まずは、デバイスマネージャを起動。この時、

 「何故か使えないデバイスが「ほかのデバイス」というトコに繋がっているように見える」

 この状況の場合、この病気の可能性が高い。
 逆に、そもそもデバイスが見えていない場合はハードウェア故障の確率の方がかなり高い。
 次にイベントビューアをチェック。

 「「Windowsログ」「システム」の中に「情報」として「イベント20001」が「UserPnp」から出力されている」
 「「ドライバー NULL Driverをインストールするプロセス」というメッセージが見える」

 上記状況にヒットしてしまった場合、ほぼ100%今回の病気ですな。

 ◇

 さて、この病気の原因なのだが。

 一言で言うと、HDD上のドライバ情報またはドライバ本体が壊れてしまった為。

 Windowsには悪い癖があって、この「ドライバ情報」というのは意外と壊れ易い。
 そしてこの「ドライバ情報」が壊れてしまうと、ドライバ本体まで使えなくなってしまう。
 更に悪いことに、この状態でドライバ自体を修復や再インストールしようとしても「ドライバは問題ありません」とか言われて蹴飛ばされてしまったりする。

 #ちなみにドライバ情報にはキャッシュ(のようなもの)があるので、そのキャッシュが捨てられて再構成されるまではドライバ情報が壊れていても特に問題は発生しない。なので、実はとっくの昔に壊れていたものがある日突然明るみに、というパターンは少なくない。

 こんな状況を打破するには、要するに壊れたドライバ情報を修復するしかない。
 修復手法は2ステップ。

 但し以降に書くこの方法、システムが壊れかけている場合はとどめを刺すことになる可能性があるので、システムフルバックアップを必ず取ってから実行すること。
 一見治っているように見えて実は他のトコが巻き添えで壊れた、なんてことも実際あるので。

 #たまに「取り敢えずコレ打て」的な書き方を見かけるが、取り敢えずで打つ程安全なコマンドではないよ念のため。

 ◇

 まずは事前準備。

 chkdsk /f C:
 (Windows10では chkdsk /f /offlinescanandfix C:)

 システム障害が起こっている環境ではかなりの確率でシステムドライブに論理エラーが出ていることが多い。
 それを放置したまま次の作業を進めてしまうと更に傷口を広げてしまう可能性があるので、まずはそこを潰しておく。
 但しこのコマンドの時点で既に打つ手なし状態だと判明する確率も実はそこまで低くはなかったりする。

 #ちなみに物理エラーが疑われるなら/rで。環境次第ではやったら時間はかかるが、そういうモノ。

 そして軽い方から。コマンドプロンプトから以下のコマンドを打つ。

 sfc /scannow

 Windowsのシステム修復機能を起動して、壊れているコンポーネント情報を修正するコマンド。
 修復はあまり期待出来ないが、エラーが出たら基本的に何処か壊れている。
 ちなみに環境にもよるが30分とか普通にかかる。

 Windows7迄の場合はここまで。
 Windows8以降では次のdismコマンドも打っておく。
 こちらはWindowsのImageを掃除するコマンド。
 詳細は横に置いておくとして、これもそこそこ時間かかる。

 DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth

 で、上記2つのコマンドを実行した後、再起動。
 その結果・・・改善することもあるが、環境よっては却って悪化することも。
 その場合は諦めて次へ。

 ◇

 次に、手間のかかる方。
 まずこの手法を使う場合、

 ・正常なドライバ
 ・空きHDD
 ・WindowsのインストールDVD

 この3点が存在することが大前提。
 ではこれらで何をするかというと、

 1. 現在の問題あるHDDを取り外し、空きHDDを取り付ける。
 2. Windowsをインストールして起動出来るようにする。
 3. 問題あるHDDを接続し、問題あるWindowsパーティションを見えるようにする。
 4. パーティション内からドライバの格納先を探し、インストール直後の正常なドライバで全て上書きする。
 5. 環境を戻してデバイスを認識させる。

 こうなる。
 ちなみに5.のデバイス認識では通常より時間がかかることがあるがそれは正常。

 以下、4のステップの詳細。

 ・ドライバの保存場所は大体のマシンでC:¥Windows¥System32¥DriverStore¥FileRepository。
  この下にドライバ毎にフォルダが切られていて、このフォルダ名=ドライバのinfファイル名。

 ・このドライバ毎フォルダ内にはinfと対になるsysファイルやdllファイルが保存されている。
  何かの拍子でこの中のファイルが壊れたり不整合を起こしてしまうと、ドライバのインストール不良になってしまう。

 ・Windows標準ドライバでこの症状が出た場合、同一Windowsの正常な環境からフォルダ内ファイルまるごと全コピーで上書きしてしまうのが簡単。
  サードパーティ製ドライバならドライバディスクやインターネットからコピーして入れ直す。

 ・そのままだと上書き出来ない場合は、一旦ファイル・フォルダの所有者を自分に変えてから権限を付けると作業可能。
  ローカルの管理者権限を持っていれば所有者の変更だけは出来るので、所有者変更→権限付加、の2ステップ。
  勿論作業後は元通りにしておくこと。

 ◇

 以上、こんな作業でWindowsでの「デバイス認識しない問題」「ドライバが何故か入らない問題」の大多数は片付く。

 勿論これで全部直るワケではなく、例えばレジストリが壊れていたりするともっと大事で、そこまでいってしまうと再インストールの方が幸せになれる。
 だがレジストリ自体の不整合は最近はかなり発生しづらくなっている一方、DriverStore以下のファイル不整合は相変わらず発生し易いので、大多数はドライバの不整合だけ直せばどうにかなるのではないかと。

 とまぁこんな感じで、今回はここまで。

Share

Win10のKB3140768、環境修正もやっている模様。

 今回はだらだらと長いのでまず3行まとめ。

 ・Win10のKB3140768は既存環境の修正も入っている模様。
 ・今までの累積パッチが入らなかった環境でも入るかも。
 ・S.Kaz手元の1~3月累積が入らなかった複数環境には全て入った。

 ということで、以下だらだらと。

 ◇

 さて、管理人の手元にはKB3140743の当たっていないWin10環境が複数存在しております。
 揃いも揃って使い込んだWin7からのIn-Place Update環境ということでまぁ環境が汚いというのはあるとは思うが、にしても毎回当てようとして失敗するので、MS謹製ツールで取り敢えず隠してしまったり。

 ところがここで更なる累積パッチというか、内容的には事実上修正アップデート的なKB3140768なるものが来ましたよ。
 まぁこれも今まで通りの累積だから当たらないよね・・・ほらやっぱり。
 コレ以外のパッチは全て問題なく当たっているのも、ある意味予定通り。

 ということで「こりゃRedStoneが出たら腹決めてクリーンインストールでもするしかないかねぇ」とか思っていたんですよ。
 何故って、これらの累積パッチが入らない環境は揃ってここまで全てsfcでもdismでも問題は検出されていなかったのです。

 ♯にも拘わらずうち1台に修復インストールかけてみたところ、最初のリブートの後暫くして黒画面でハングし、リセットボタン押すと環境復旧が始まり「0xC1900101 – 0x3000D MIGRATE_DATA 操作中にエラーが発生したため、インストールは FIRST_BOOTフェーズで失敗しました」とか出てる始末でして。

 ・・・取り敢えず、毎回のお約束を叩いてみますか、と。
 今回も「整合性エラーは出ないのにパッチが当たりません」という状況の確認ということで。

 >sfc /scannow
 >Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。

 問題なし。ほらやっぱり。

 >DISM.exe /Online /Cleanup-image /Scanhealth
 >復元操作は正常に完了しました。
 >操作は正常に完了しました。

 ・・・え?!
 これ何か障害があった時の表示よ?
 今までずっと無問題で来ていたのに、何故?

 それじゃ念の為、もう一度sfcかけてみるか。

 >sfc /scannow
 >Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。

 やっぱり問題なし。だよね。
 何だったんださっきの。

 とか言っている間に、裏ではWindowsが勝手にもう一度KB3140768を当てていますよ。
 無駄な努力だというのに・・・。
 とはいえさっさと再起動しろとか言ってきているので、まぁ再起動しますか。

 ・・・(数分経過)・・・

 あれ?
 KB3140768当たってしまったよ?
 Winver見たら10586.164になってるよ?

 ◇

 ・・・ということが複数環境で発生しまして。
 どれもパターンは一緒で、

 最初にKB3140768当てると失敗する
 →その後dismかけると今まで出なかったエラーが出る
 →その後もう一度KB3140768当てると成功する

 これはもう再現性があると言っていいのでは。

 ♯どの環境もWin7からのアップデートというのは気になるけど。

 実はdismで修復メッセージが出たというトコにはついては、微妙に心当たりがあるのであり。
 というのは、エラーの出方やログから.NET Framework周りの環境不整合はありそう、というぼんやりした目途を付けていたので。

 ♯それに.NET周りがおかしくなっている可能性のある場面なんて今まで散々あったし。

 そうなると、今まで壊れていたにも関わらずエラーとされてなかった部分が今回正しくエラーとされ、dismで修復され、環境が整ったので累積パッチが当たりました、という分かり易い説明が成り立つので。

 ◇

 以上、こんなこともありました、という話でした。

Share